天然水の使い分けについて

天然水の使い分けについて説明しています

「硬水」「軟水」の天然水、どんな選び方が正解?

「硬水」「軟水」と呼ばれるように、水には硬度があります。

 

水の硬度とは、文字どおり水の硬さを表します。

 

この硬さは、水に含まれるマグネシウムイオンとカルシウムイオンの量で決まり、これらの量が硬度として数値化され、軟水と硬水を分ける基準ともなります。

 

硬水と軟水はどちらが良い?

 

硬水と軟水のどちらがいいのかは、個人の好みによるところが大きいです。

 

しかし、口あたりの好みとは別に、それぞれに適した用途があると言われています。

 

たとえば軟水は、和風のダシを取るときに使うのがよいとされています。ダシのほかにも、お茶やコーヒーを淹れる際、軟水を使えば香りが引き立ち、よりおいしくなります。

 

コーヒーにこだわる喫茶店などでは、豆ごとに水を変えるところもあります。コーヒーが好きな方なら、軟水にこだわってコーヒーを淹れてみるのも楽しいかもしれません。

 

硬水のメリット

 

 

硬水は、健康面でのメリットがあります。カルシウムイオンとマグネシウムイオンに富んでいるので、スポーツのあとなどのミネラル補給に適しています。スポーツ飲料の糖分が気になるという方は、代わりに硬水を飲まれるのがおすすめです。

 

ダイエットのときの水分補給にも、硬水は効果的です。ミネラルが豊富なので、カルシウムを摂ることができ、食事制限による栄養不足をおぎなうことができます。

 

軟水と硬水、それぞれのメリットを考慮して、上手に使い分けてみてはいかがでしょうか。