天然水とミネラルウォーターについて

天然水とミネラルウォーターについて説明しています

天然水とミネラルウォーターはどう違う?

市販の水でよく見かける「天然水」と「ミネラルウォーター」。この両者の違いについて、世間ではあまり意識されていないようです。実際、どちらも地下水を原水とした飲料水である点で共通しています。

 

しかし処理方法に違いがあるため、飲料水の品質にも差異があるのです。水を買う際には、それぞれの特徴を比較した上で選ぶとよいでしょう。

 

では、具体的に両者の違いを比較してみましょう。

 

処理方法でミネラルが変わる

 

原水を採水したあとの処理で、天然水とミネラルウォーターの区別が生じます。天然水は、採取した原水に対し「濾過」「沈殿」「加熱処理」の工程を加えて飲料水にします。

 

ミネラルウォーターは、天然水の工程にさらにオゾン殺菌や紫外線殺菌などを加えて不純物を取り除きます。不純物の中には天然ミネラルも含まれますので、ミネラルウォーターでは、殺菌処理後に各種のミネラルを添加して、調整およびブレンドします。

 

どちらがいいのか?

 

天然水とミネラルウォーターの処理方法の違いは、ミネラルの違いをもたらします。天然水の場合は、必要最低限の処理しかされないので、原水のミネラルをとどめており、原水そのままの味わいをたもっています。

 

ミネラルウォーターの場合は、化学的な殺菌により安全性を高めている反面、天然ミネラルをも除去し、あらためてミネラルを添加するため、原水の味わいではありません。

 

ミネラルウォーターだから天然水よりも味がまずい、ということもないので、どちらがいいのかは好みが分かれるところです。ご自身の目的や好みに応じて、水を選んでみてください。

 

なお、天然水のウォーターサーバーを提供する業者では、水の処理方法についても公式サイトなどで詳しく解説されていますので、契約前にチェックしておきましょう。