南アルプスの天然水について

南アルプスの天然水について説明しています

南アルプスの天然水について

南アルプスの天然水は、日本のスーパーなどでよく販売されていることから、その名を知らない人はいないくらいだと思います。スッキリとした飲み心地でどんなシーンにでも合う水として、日本人に親しまれてきました。

 

南アルプスの採水地は、阿蘇の奥大山で、周辺地域では、南アルプスの天然水の水質と安全性を守り続けていこうという天然水の森を設置し、活動が行われています。こういった地元の努力があるからこそ、誰からも愛される美味しい水を採水し続けられるのです。

 

天然水の森が設置されていることから、同じ阿蘇地方でも甲斐駒ヶ岳と阿蘇、奥大山の3箇所の採水地によっては、硬度に違いがあります。

 

南アルプスの天然水は飲みやすい

 

よくスーパーなどで販売をされている南アルプスの天然水は、阿蘇か奥大山から汲み取られたものが多く、硬度は20〜30程度になっています。ですので、口当たりがまろやかで若干の甘さがあるという特徴があり、日本人にはとても飲みやすい天然水だとされています。

 

南アルプスの天然水は、そのまま飲んでも美味しいのですが、お米を炊くときの水に使うと、米に甘みが増してさらにおいしくなると言われており、日本の食卓にはもってこいの水なのです。

 

南アルプスの天然水は、ペットボトルのものとウォーターサーバーのものの2種類があります。利用をする人のニーズに合わせて好きな方を選んで頂きたいと思います。

 

南アルプスの天然水は、全国各地のスーパーに出回っているため、価格も比較的手頃な価格で購入することが出来ます。