天然水の保存期間について

天然水の保存期間について紹介しています

天然水の保存期間について

天然水は、メーカーごとに採水地で彩水を行い、工場などの管理された施設でボトリングをされています。ですので、自宅や会社に宅配をされる水は、綺麗な状態を常にキープすることが出来ています。

 

宅配をされる水のボトルの容量は、平均で9〜12リットルと市販のペットボトルよりも容量が多いので、消費するまでの期間がどうしても長くなってしまいます。そういったことから、天然水の賞味期限を気にされる方もいらっしゃいます。

 

水道水のくみ置きの保存期限

 

水道水をくみ置きしておいた場合は、常温で3日程度、冷蔵保存で1週間が限度とされています。水道水には不純物が含まれていますので、長期間保存をしておくと雑菌により腐敗しやすくなってしまうのです。

 

天然水の場合は、独自の方法で殺菌をしてからボトリングを行っていますので、水道水以上の長期保存をすることが出来ます。

 

ボトリングを行っている工場は、衛生管理がしっかりとされており、雑菌を混入させることなく綺麗な水をボトリングすることが出来ます。

 

天然水の賞味期限

 

 

天然水の賞味期限はメーカーの製品ごとに違うのですが、未開封の場合は2年近く保存をすることが出来ます。天然水のボトルは、冷蔵保存をする必要はありません。直射日光にさえ当てなければ、常温で保存をしても品質が落ちるようなことはありません。

 

ボトルを開封したあとも、ウォーターサーバーにさえセットをしておけば、外気から雑菌が侵入するのを防いでくれるので、安心をして飲んで頂くことが出来ます。ただし、開封をした場合は、賞味期限が半年程度になりますので、気をつけて下さい。