天然水の硬度について

天然水の硬度について紹介しています

天然水に表示されている硬度の意味と違い

水の硬度という言葉を聞かれたことはありますか?

 

よく軟水、硬水に分けられることが多いですが、それは水の中に溶けているマグネシウムイオンとカルシウムイオンの量によって硬い、軟らかいが分けられているのです。

 

家庭によって軟水か硬水かの好みが変わってくると思いますが、まず軟水は主にお料理の際に活用出来る天然水で、和風だしを取る時には軟水で取るとより一層美味しくなります。

 

またお茶やコーヒーを淹れる時には軟水で淹れた方が香り豊かになるのでいつものお茶、コーヒーがより美味しいものになります。

 

コーヒ専門店はコーヒー豆ばかりに拘っていると思われがちですが実は淹れる時の水にも拘っておられて、使用するコーヒー豆によって軟水、硬水を使い分けているとのことです。

 

硬水の成分

 

そして硬水はカルシウムイオンとマグネシウムイオンが軟水よりも多く含まれている為に、スポーツ後の水分補給に飲むのに適しています。

 

スポーツ飲料は口当たりがいいので、ついつい欲しくなってしまいますが、口当たりがいい分、糖質もかなり含まれていますので今後の健康を考えたら硬水を飲むのがベストと言えます。

 

ダイエットをしている方にもおすすめしたいのが硬水です。

 

先ほども申し上げました通り、ミネラル、カルシウムを多く含んでいるので栄養不足になりがちなダイエッターの強い味方になってくれます。

 

このようにご家庭の趣味や用途により軟水、硬水を飲み分けることで健康生活には欠かせない必須アイテムとなってくれること間違いなしです。