富士山の天然水について

富士山の天然水について説明しています

富士山の天然水について

富士山の天然水は、バナジウムを豊富に含む天然水として有名な水です。

 

バナジウムは、疲労回復に効果がある成分とされていることから、そのバナジウムを豊富に含む富士の天然水は、多くの方から愛されています。富士山は、玄武岩が多い地層で、この地層は日本では珍しいものだと言われています。

 

玄武岩には、バナジウムの成分が豊富に含まれていることから、この玄武岩の地層を流れてくる水には、多くのバナジウムが含まれているのです。

 

 

富士山の天然水はミネラルがたっぷり

 

標高3776mの富士山を、長い年月を経て流れてくる水は、流れてくる過程で天然のバジリウムを豊富に含んでいきます。その数値は、100mlあたり6.2μgとも言われており、他の天然水に比べると、かなり高い数値になっています。

 

その他にも、マグネシウムやカルシウムもバランスよく含まれていますので、ミネラル分がたっぷりの天然水と言われています。

 

手頃価格で購入できる富士山の天然水

 

富士山の天然水は、水量がとても多いことから、手頃な価格で購入が出来ます。手軽に天然のバナジウムを含んだ水をのむことが出来るので、健康維持のために毎日飲むことも出来るでしょう。

 

富士山の天然水は、今や日本代表の水と言ってもおかしくないくらいになってきています。ですので、中には富士山のミネラルウォーターといって商品化されているものもたくさんあります。購入の際には気をつけるようにして下さい。