天然水の種類比較について

天然水の種類比較方法について説明しています

天然水とミネラルウォーターはどう違う?

一口に天然水といっても、日本中、世界中を視野に入れれば、それこそ星の数ほどあるといっても言い過ぎではないでしょう。

 

歴史と伝統ある銘柄もありますし、最近発見された滋味豊富な天然水もあります。どれを選んだらいいのか、正直迷うのではないでしょうか。

 

比較的手頃で、値段も安く、メジャーなものということでは、南アルプスの天然水です。硬度も中位ぐらいで、さまざまな用途に使えます。複数の国内有名メーカーがペットボトル入りで製品化していますのでどこのスーパーでも購入できます。

 

富士山のバナジウム天然水

 

最近話題なのが、富士山山ろくで採れる天然水です。バナジウムという金属元素を比較的多く含み、これを飲用すると、血糖値が下がるというはっきりした研究結果があり、ブームになっているのです。これも、ペットボトル入りやウォーターサーバーをつけての購入も可能になっています。特に血糖値が気になる人は試してみたらいかがでしょうか。

 

天然水の硬度というのは、水中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量によって計算されます。これらのミネラルが豊富な水は健康や味わいにメリットがありますが、一方、硬度の低い軟水といわれる水は、料理に使うと味を引き立たせるメリットがあります。

 

たとえば、軟水でダシをとり、みそ汁をつくると、だしの味がはるかに引き立っていることに気づくと思います。お茶やコーヒーを煎れたときも同じです。ですから、単なる飲用というのではなく、料理に広く使いたい場合は、軟水を選ぶべきです。

 

京都の天然水

 

代表的な軟水は、京都の天然水です。この天然水は京料理の微妙な味わいを支えてきた伝統ある水です。ミネラルバランスもすぐれていて、おすすめです。

 

とりあえずはネットや口コミなどで情報を仕入れ、最低でも5種類程度の天然水を試した上で、いちばんバランスのよいものを主要に選んだり、あるいは用途によっていくつか使い分けるという方法も考えられます。